綺麗な男になりたい時に見るサイト

ここは綺麗な男になりたい時に見るサイトです。

美容情報を中心にまとめています。女性にとっては良い美容法でも、男性には逆効果のこともあります。性別が違うだけでも体の仕組みにずいぶん差があるものです。男性ならではの悩み、美容法をまとめていきますのでご覧になってみてください。

↓参考サイト↓
育毛剤の特徴と自分の抜け毛のタイプに合わせた、上手な育毛剤の選び方
しみができないようにするには肌に優しいオールインワンゲルで紫外線対策を

第一回は男性型脱毛症と円形脱毛症について解説します。

薄毛の原因となる脱毛症には、男性型脱毛症と円形脱毛症の二つが存在しますが、これらの症状は原因も髪の毛の抜け方もまるで異なっているので違いを理解してから治療に当たらなくてはいけません。

前者の症状は一般的にAGAと呼ばれている症状ですが、この症状は男性ホルモンを起因として脱毛を引き起こすことが特徴で、髪の毛の前頭部から頭頂部を中心に脱毛していくことになります。発症年齢も関係なく、比較的若い段階であっても一度症状が出てしまうと薬や手術を利用するしか症状を改善することができなくなってしまいますので、非常に面倒な症状だといえます。実際に、AGAを治療するための方法としては薬による治療と手術による治療の二つが考えられています。前者の治療法は男性ホルモンの働きそのものを抑えることが可能なプロペシアという薬を服用することになります。

プロペシアは継続的に半年から1年間は最短でも服用し続けなくてはいけませんし、服用しているときには初期脱毛という症状に襲われることがあります。初期脱毛というのは、薬の効果によって古くなった髪の毛が次々と脱毛していくことを意味するのですが、そのまま継続的にプロペシアを服用するとその効果で抜けた髪の毛の後から新しい産毛が発毛するようになっていますので、成功すれば発毛効果を期待することができます。

実際に、継続的にプロペシアを服用した患者の約9割近くが効果を体感できたとする報告も出ているくらいなので、その効果は絶大です。また、手術を利用した方法としては自毛植毛という植毛手術が考えられています、この手術は患者の自毛を利用して脱毛症に強い髪の毛を発毛させることを目的としていますので、この手術も成功すればそれによって脱毛がなくなります。

一方で、円形脱毛症というのはAGAのように発症原因を特定することができていない病気のことを意味し、実際にこれといった対策を医学的な見地から提供することができない症状のことを意味します。

事実、医師に相談をしても患者によってその対策は大きく異なります。この症状に関しては勘違いをしている人もいますが、ストレスなどが原因で髪の毛が脱毛しているというわけではありません。突然この症状が発症することもありますので原因が医学的にも特定できておらず、AGAのような治療法を実践するとよくない副作用が身体に現れる可能性が高いこともわかっていますので、治療法として経過観察がとられることも多いです。ですから、同じ脱毛の症状であってもその違いは顕著であるといえます。