ダイエットに効く6つの食事方法、野菜を好きになる事が何よりも大切

ダイエットをする上で毎日の食事にも気をつけなければなりません。

どのような食事方法がダイエットに効果てきめんなのかとても気になります。ダイエットを成功させる上で適切な食事方法が5つあります。一つ目は朝ごはんは抜かない事です。朝にご飯を食べる場合、寝起きなせいもあってか食欲がない事が多いでしょう。ですが朝ごはんを抜くことは決して良いことではなく、逆に太ってしまいます。また、業務に対しても集中できなくなってしまうので非常に効率が悪いです。なのでダイエットを行う上で朝食はきちんと食べるようにしましょう。二つ目はゆっくり噛んで食事を行うことです。

お腹が空いている時に食事を行うと、無意識のうちに早食いしている可能性があります。

早食いは血糖値が急激に上がるので、せっかくヘルシーな料理内容でも脂肪を作りやすい身体へと変化してしまいます。なるべくゆっくり食べるように意識し、それでも直らない場合は利き手とは逆の手で食べるようにしましょう。そうすることで自ずとゆっくり食べられるように矯正されます。三つ目は食事中に水分をたっぷり取ることです。水分を取ると身体の中を循環してくれるので、便秘対策にも繋がります。お通じが日々こないと同時にむくみやすくもなるので、身体も重くなりがちです。ダイエットをする上で水は絶大的な効果を発揮します。

水分だからといって糖分が多いジュース類はなるべく控え、水、お茶、麦茶などカロリー0のものを摂取するように心がけましょう。四つ目は食べたいものは朝と昼間のうちに食べることです。夜に食べてしまうと寝るまでに消化する事が難しかったり、次の日に響きます。朝と昼に食べる事で身体を太りにくくしてくれます。

食べたいものがある場合我慢することも大切ですが、我慢しすぎてしまうとストレスが溜まってしまうのでダイエットに非常によくありません。ストレスフリーでいられるように食べたいものがある場合、朝と昼間に食べてストレスは適度に解消するようにしましょう。五つ目はスーパーのお弁当など既に作られたものは食べず、自分で料理するようにします。スーパーのお弁当はカロリーが高く油もたくさん使用されているのでダイエットの敵です。自分で料理をすることによってカロリーを大幅に抑えることに成功します。

スーパーで売ってるお惣菜は何もせず直ぐに食べられるので便利ですが、思わぬ落とし穴がある事を忘れてはいけません。六つ目は野菜中心の生活を行う事です。ラーメン、肉、スパゲティ、など魅力的な食べ物があるこの世の中ですが、美味しいものはカロリーも高いです。野菜中心の生活にするのが難しいと感じる方は徐々に変えていけるようにしましょう。

毎食に野菜をつけるようにする、ドレッシングなど野菜を楽しめる工夫を行う、野菜ジュースなどジュースとして体内に取り入れてみる、など無限大です。まずは野菜を好きになる事が何よりも大切です。

美白、美肌を保つ為には中から自分をいたわる事

私は生まれつき凄く色が白い上、笑えるぐらいに肌が弱いです。

日焼け=火傷
服の素材、合わなければ腫れ上がる

化粧品、ボディーケア類のクリーム、市販の物はまずアウト

こんな感じで約30年過ごして来て分かった事は「パーフェクトはまず無理だ!」と言う事でした。
シミ1つ無い真っ白な綺麗な肌になりたければ、外出等は絶対にせず部屋に閉じこもり、カーテンを閉めきって日を浴びなければ、まぁ可能かもしれませんが。

(普通なら1ヶ月も経たない内にノイローゼになります)

なので私は「完璧は美白、美肌」を諦め、シミやシワ、タルミ等のお肌のトラブルと「どう上手に付き合って行くか」と言う思考に切り替えました。

もちろん夏は日焼け止めクリームはしっかりしますし、いくら暑くても長袖、手袋、首にはタオル、ツバの広い帽子、日傘等は絶対に忘れません。夏だけでは無く、冬も日焼け止めクリームは必ずします。

毎日、お風呂では肌の保湿をしっかり行い、上がってからももちろん、1時間しっかり全身の肌のケアを行います。
朝は早く起きて、洗顔はもちろんの事、顔のマッサージから保湿もします。

食生活も気をつけるようにしています。

とにかく酒豪なので食べ物には注意して栄養バランスを考えて食べています。
そして忘れてはならないのは、やっぱり「プロの手」を借りる事です。
お金はかかりますが年齢と共に、どれだけ頑張っても自力ではどうしようも無くなって来るは
増えて来ます。

私はエステ等へ行く時、徹底的に自分のお肌トラブル等をメモしておいて、プロの方々にアドバイスを頂くようにしています。
どうすればより良いお肌を保てるのか、自分が行っている努力に間違っている部分は無いか。

しっかりと質問をして、頂いたアドバイスは必ず順番に試して行きます。

そしてもう1つは、鏡を見ながら自分のお肌を褒めたり、慰めたりもします。

「今日は朝から綺麗なお肌やね」
「今日は化粧ノリ悪いけど、昨日無理させたかな?ゴメンね」
「シミが増えた、ゴメンね、しんどかったかな?」等。

もう端から見れば病気に見えるかもしれません。笑
でもこれが意外と効果出るんです!

どれだけ努力して時間かけてお金かけても、出来るものは出来るし、なってしまった物はもう仕方ありません。
もしシミ、シワ1つ出来たんなら「最悪!!」と否定せずに「肌も頑張ってくれてるんやよね」と、肌をいたわってあげて下さい。
私は美白、美肌を保つ為には「まずは中から自分をいたわる」事をした方がお肌も答えてくれると思っています。

わきがは普段の生活において予防・改善が出来る

夏の暑い時期になり多汗になりやすくなってくると脇汗が気になってしまいます。

特にわきがで悩んでいる方にとってはイヤな臭いが周囲へ気付かれていないか深刻な問題となってきます。
そんなわきがですが、普段の生活において予防と改善が期待出来るのです。
まず食生活における問題点です。

近年日本人の食生活は欧米化が中心となってきております。
特に油脂分やコレステロールが多く含まれている肉料理が多いかと思われます。
油脂分は体内にて脂質へと変化します。

しかし脂質は体内で分解される為、問題は無いのですが摂取量が大きく繋がってきます。
体内で分解出来る量には上限がある為、分解量を越えた量を摂取するとそのまま脂質として蓄積されてしまいます。
脂質が多く蓄積された状態で汗をかくとわきが特有の臭さとなってしまいます。

その為、油脂分を多く含む食事を摂取する際には野菜や果物を一緒に摂取する事が重要となってきます。
野菜や果物にはビタミン類が豊富に含まれています。

ビタミン類は体内に蓄積されている脂質を分解する働きがある為、わきがの予防に繋がってきます。

次に睡眠時間です。

仕事が忙しくて睡眠時間が不足している人も世の中には多くいらっしゃいます。
睡眠時間が不足するとホルモンバランスが崩れてしまいます。
ホルモンバランスが崩れると体内はストレスを感じてしまいます。
ストレスは体内で飽和脂肪酸を作り出し、これは脂質となってしまいます。

その結果汗をかくと脂質はイヤな臭いとなってしまいます。

体にストレスを感じさせない様に十分な睡眠時間を摂る事で予防となってきます。
次に普段から汗をかく習慣を付ける点です。

わきがは汗をかく事でイヤな臭いとなりますが、かかないとより臭くなってしまうのです。

汗をかかないと体内に蓄積されている脂質や老廃物の排出が無くなり臭いの原因となってしまいます。
日常的に運動等を行い発汗していれば臭いの原因事態を蓄積させる事も無くなり改善へと繋がっていきます。

男と女の薄毛事情に関してまとめました

男性、女性に関係なく、年齢を重ねるごとに頭髪の悩みは増えていきます。

男と女の薄毛事情に関してまとめました。

男の人の場合、遺伝的な要因が強いとされています。

額や頭頂部から部分的に薄毛が発生し、いずれは毛髪が産毛のように細くなり、頭皮が完全に露出してしまうという特徴があります。

女の人の場合は、遺伝的な要因に加え、加齢やパーマ、毛染めなどの過度なヘアケア、ストレス、ダイエットなども大きな要因となってきます。これらの複合的な要因により、毛髪が細くなり、頭頂部を中心として地肌が透けて見えるようになります。

これが広い範囲に均一に広がり、つむじや分け目などが目立ち、全体的にボリュームのない髪の毛になってきます。女の人の場合、髪の毛がなくなることはありません。

男の人の薄毛は、男性ホルモンが大きく関係していることから、一度抜けてしまうと、新しい髪の毛はなかなか生えにくい状態になります。女の人の薄毛も女性ホルモンの影響を大きく受けますが、そのメカニズムが違うこともあり、男の人のようにまったく髪の毛がなくなるということはありません。

女の人の薄毛の原因のひとつに女性ホルモンの減少によるものがあります。ホルモンには、毛髪の成長を持続させる働きがありますが、ホルモンが減少することで、髪の毛が細くなったり、毛穴から生えてくる髪の毛の本数が減ってしまったりします。

女の人の薄毛は、男の人とは原因や特性が違うため、お手入れは症状や原因に合った方法で行います。そのひとつ目に、女性ホルモンを補う方法があります。原因として最も多いのが、更年期の女性ホルモンの減少によるものです。髪の毛を成長させてくれる役割を果たすものを補うことが改善につながります。

このホルモンとよく似た働きをするのが、イソフラボンです。豆腐や油揚げ、みそや納豆には豊富なイソフラボンが含まれています。これらの食品を積極的にとることが改善につながることもあります。

そして食生活の見直しも大切です。バランスのよい食事は、体全体を健康に保ってくれますが、髪の毛にもよい影響を与えます。髪の毛のもととなる良質なアミノ酸を含んでいる肉や豆、新陳代謝を促すヨウ素を豊富に含む海藻類、血流を促すビタミンAを含む野菜など、髪の毛によい栄養素を積極的に食事から摂取しましょう。

そして毎日のシャンプーの正しい方法も見直しましょう。シャンプーは直接頭皮につけてしまうと、刺激が強すぎたり、毛穴に詰まってしまう原因にもなるので、必ずてのひらで泡立ててから使うようにしましょう。

紫外線以外でシミができる原因には3つあります

紫外線対策をしているのにシミができる、こんな経験がありませんか。紫外線を浴びると肌を守るためにメラニンが生成されてシミとなりますが、シミの原因になるのは紫外線だけではありません。紫外線以外でシミができる原因には3つあります。

1つめは摩擦です。

顔を洗うとき、日焼け止めを塗るとき、メイクをするときなど、ゴシゴシこすっていませんか。摩擦が生まれるとその刺激によってメラニンの生成が促されます。

顔を洗うとき、きれいにしようと思ってつい力が入ってしまいがちです。手が顔に触れると摩擦が生まれるので、手が顔に触れないようによく泡立てた洗顔料を使用しましょう。洗顔料を手にとってら少しずつ水を加えてよく泡立てます。泡立てネットを使うと泡立てやすいです。スキンケアやメイクをするときにも気をつけてください。伸びがよい化粧品を使用し、手を肌の上を滑らせるようにすると摩擦を防げます。

2つめの原因は炎症です。

捻挫をすると炎症で赤く腫れて痛みがでますよね。炎症には赤く腫れたり痛みがでない慢性的なものもあります。体内の炎症を起こす物質の一つがリノール酸です。リノール酸は必須脂肪酸なのですが、過剰摂取になると炎症を起こします。大豆油、コーン油、紅花油などに多く含まれていて過剰摂取気味です。必須脂肪酸ですが過剰摂取傾向なので意識して摂る必要はありません。

それとは逆に炎症を鎮めてくれるのがオメガ3です。オメガ3も必須脂肪酸です。魚や亜麻仁油、エゴマ油に多く含まれています。
3つめの原因は活性酸素の蓄積です。

活性酸素は細胞を傷つけさびつかせ老化を進行させる物質です。酸素を取り入れてエネルギーを作るときや、ストレス、大気汚染、食品添加物、喫煙、睡眠不足などで発生します。活性酸素に対抗する力が体に備わっていますが、大量に発生する活性酸素には対処しきれません。現代はストレスや大気汚染など活性酸素を発生させるものがあふれています。発生を防ぎ切れないので、抗酸化成分と摂って対処することが美肌と健康につながります。